読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストから学んだ幸福と時間の使い方について

BOOK シンプルライフ MINIMALISM

http://www.flickr.com/photos/14004014@N05/4864045598

photo by spapax

こんにちは パパQです。

今回も「minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ」の中から

幸福と時間の使い方についてまとめていきます。

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

  • 作者: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス,吉田俊太郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

幸福について

幸福は多くを所有することで得られるものでもなければ、財産のを蓄えることで得られるものでもなかった。少なくとも僕らの考える幸福とは、意味のある人生を送ることで得られるものではないだろうか。
情熱と自由に満たされた人生であること。
人として成長できる人生であること。
意義のある方法で他者に貢献できる人生であること。
成長と貢献が幸福の基礎だと思う。

人は意味のある人生を求めている。そこでは成長と他者への貢献がキーワードのようだ。それをしないでいると、人は金のために働くこともできるし、成長する努力もしない。単なる金と世間体の奴隷になってしまう。

時間について

自分が自身の時間の使い方をコントロールできていないこと、つまり、自分の人生の主導権を握っていないことに気がついた。

時間とは人間に唯一平等に与えられた財産かもしれない。人はそれを大事に使うか、蛇口をひねれば出てくる水のように使うか。時間を増やしたり、減らしたりすることはできない。私たちにできることは、時間をコントロールするだけである。

まとめ

人は無意味に生きることなどできない動物なのかもしれない。人生に意味を与える。ミニマリズムは人が求めていることをシンプルにして照らしてくれる、灯台のようなものかもしれない。

関連記事

新しい生き方の指南書!ミニマルライフ :ミニマリストのすすめ - 賢くミニマリストになろう

今を生きる・今の瞬間を楽しむ上で大事なこと:ミニマルライフ - 賢くミニマリストになろう

 

今日も見に来てくださってありがとうございます。このブログでは、私が感じた「なにか」を自分のことだけとは思わず、多くの人にとって大事なことだと思うことをブログにしています。このブログを読んであなたの生活に小さな変化を起こすことを願っています。

クリックしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

RANDOM ENTRY