宝くじが当たった人がなぜ不幸になりやすいのか?

こんにちは パパQです。

最近のブログの目的は特に書く30分で更新すること

ブログを書こうと決めてから、記憶していることを書きます。

パソコンの前に座ってから、ネタを集めたりもしたのですが、

時間の無駄です。

 

書くことは記憶していることだけ

または、知り合いや友達に話したいことだけ

 

今回はお金の話

 

宝くじが当たった人がなぜ不幸になりやすいのか?

お金の使い方を知らないから

 

お金を手に入れることより、何に使うかということのほうが

大事なのです。

 

稼ぐ力ない人がお金を手に入れると、使い方が分からないのです。

例えば、お金が手に入ると、人は生活レベルを上げようとします。

家賃が高い家に済むなどです。

貯蓄に回す人もいるでしょう。

お金が減ることに不安になる人もいるはずです。

 

それはお金を稼ぐ力ないからです。

お金を稼ぐ力がない人はお金があればなんでもできると考えてしまいます。

逆に、お金があれば〜できるのに

といった思考です。

 

お金がない時に買ったものは大事にします。

そこに幸福感があります。

学生時代に買った本はよく覚えています。

なぜなら、少ない手持ちから本を買うからです。

 

お金が自由に使える時に、モノに対する幸福感は下がるのです。

 

選択のパラドックスになっていませんか?

選択のパラドックス

人は、決断・行動の意思決定において心理的認知バイアスの影響を受ける

選択肢が増えることは良いことばかりではない

人は得するより損することに敏感に反応する

https://www.asahi.com/articles/SDI201801151206.html

 

選択肢が増えることで自由度が増し、それが幸せに繋がると思っているかもしれません。

しかし、選択肢が増えることが逆効果を招くこともあるのです。

 

◎選択のパラドックスについて[バリー・シュワルツ博士]

https://www.ted.com/talks/barry_schwartz_on_the_paradox_of_choice?language=ja

 

①無力感が生まれる:あまりにも多くの選択肢があると、人は選べなくなってしまい無力感を感じる。

②満足度が下がる:無力感に打ち勝って決断を下したとしても、選択肢が多いと選択肢が少ない場合と比べて自分が選んだ選択肢への満足度が下がる。

 さらに、選択肢が増えることで、満足度が下がる理由として、

 

選ばなかった選択肢が多くなるので、結果、後悔の念が生まれる。また、不満が出る。選択肢が多い方が、完璧な選択肢があるはずと期待しすぎてしまう。

選択の基準を作る

選択肢が多すぎると不幸になるのを防ぐには

基準を作ってみることです。

瞬時に選べる基準やルールを作って置く。

こうすることで後悔や選択肢を少なくすることができるのです。

心機一転ブログ更新開始

今週のお題「自己紹介」

こんにちは パパQです。

前回の更新からずいぶん経ちました。

 

ブログから離れた生活をしていました。

他人のブログも一切見ていません。

 

ブログを書いているときは、その時のアクセス数が多いブログや人気ブログをチェックしていたのですが、私にとっては時間の無駄でした。自分のブログに還元するという部分もありましたが、ブログのネタを無理に探すと言う時間が多くなり、また他人のブログに影響されてどんどんブログが書けなくなって言った結果、更新が止まってしまいました。

 

今後の目標

ブログを30分程度で仕上げること

ブログを仕上げるのにネタ探しから完成までに何時間もかかっていました。

ブログを書くが目的ではなく、人生をよりよくするために書きたいのです。

その手段であることが目的なっていました。

 

時間は大事と口では言っていても、無駄に過ごすことが多いと日々感じています。

なので、時間を意識するために、ブログを30分程度でアップする

 

他人のブログも一切読まない。

そんな感じで4月になったので更新開始できたらなと思っています。

 

ではでは

 

久しぶりの更新

f:id:nownoatosaki:20171030140054j:plain

こんにちは 久しぶりのブログ更新中パパQです。

ブログを自由に書いている人(この自由とは自分の状況やどういう暮らしをしているか等を書く自由の意味)はおそらく周りにブログのことを理解してもらっている場合か、親しい人には教えないでひっそりと書いている場合だけではないかと思います。

親しい人に知られると、まず書ける範囲が狭くなってきます。これが更新停滞の一つの理由で、別に書いてもいいことであっても、書かない方ことが多くなり、ブログを完成するまでに、脳内ストップして、また明日となって更新ができない状態でした。

 

そんな中読んだ面白かった本を紹介します。

苫米地博士の「知の教室」: 本当の知性とは難しいことをわかりやすく説明することです!

苫米地博士の「知の教室」: 本当の知性とは難しいことをわかりやすく説明することです!

苫米地博士の「知の教室」: 本当の知性とは難しいことをわかりやすく説明することです!

 

苫米地さんの入門書としては、オススメです。

広く浅くという感じで、ここから気になるワードがあれば、関連本を読むのも面白いのではないでしょうか。

 

頭が突然鋭くなる瞑想法 ― ブッダが悟りをひらいた人類最高の英知 

頭が突然鋭くなる瞑想法 ― ブッダが悟りをひらいた人類最高の英知

頭が突然鋭くなる瞑想法 ― ブッダが悟りをひらいた人類最高の英知

 

スマナサーラさんの本たくさん読んでいますが、今回の本も面白い。

瞑想の話よりも、幸せになれるためになぜ知識や知恵が必要なのか論理的に書かれていて面白いです。

当たり前のことや意味や言葉をもう一度考える時間になるのではないでしょうか。

 

次回はいつになるか分かりませんが、ではでは

本当にいいモノが知りたい

f:id:nownoatosaki:20170628153755j:plain

こんにちは パパQです。

 

MONOQLO(モノクロ)という雑誌があります。

MONOQLO (モノクロ) 2017年 08月号 [雑誌]

MONOQLO (モノクロ) 2017年 08月号 [雑誌]

 

 

さまざまある商品の中から、

 

本当にいいモノが知りたい

 

という思いから生まれた雑誌が

 

今年の8月号で100号だそうです。

 

ネットって自分の知らないものって出てきにくくて、

 

今までの検索結果から、あなたにオススメみたいな

形で知るぐらいです。

 

実は世の中にはイイモノがたくさんあります。

 

今回はモノクロから気になったモノをピックアップしています。

続きを読む

猫背を治したいなら○○を引けばいい

f:id:nownoatosaki:20170626132356j:plain

 

こんにちは 猫背が多いパパQです。

 

今回は猫背の治し方についての話です。

 

みなさんは姿勢を気にしたことがありますか?

 

私はよく猫背だとかや姿勢が悪いと言われることがあります。

 

自分でもそれを治そうと思い、猫背にならないように、無理やり背筋を伸ばす姿勢になるのですが、疲れてくると元の猫背に戻ってしまうことがよくあります。

 

これを解消する方法はあるのでしょうか?

今回はそんなお話です。

続きを読む

夏のミニマリスト:バッグ編

f:id:nownoatosaki:20170624032457j:plain

こんにちは パパQです。

 

夏のミニマリストの第2回目はバックです。

 

何も持たなのがミニマリストじゃないのかとツッコミが入りそうですが、

それはミニマリストという言葉を正しく理解していない証拠です。

 

ミニマリズムの定義は様々ですが、

簡単にまとめると

「最低限のモノの量で快適に過ごす」

となります。

 

あなたにとって

暮らしに必要なモノの量はどのくらい?

快適だと感じる暮らしのモノの量は?

それを一度考えてみることが

ミニマリストの大きな一歩なのです。

 

ということで

夏の外出は身軽にしたいので、軽めのバックを選んでみました。

続きを読む