賢くミニマリストになろう


「高城 剛 333ウルトラデトックス 」レビュー

お久しぶりです。パパQです。

2019年10月にやばい本が出ていました。
高城 剛 333ウルトラデトックス

333ウルトラデトックス (NEXTRAVELER BOOKS)

333ウルトラデトックス (NEXTRAVELER BOOKS)

 

 大手出版社ではなかなか挑戦できない、異色の書籍制作にチャレンジするレーベル「NEXTRAVELER BOOKS/ネクストラベラー ブックス」第二弾。
今回は、大手が書きづらい巷に溢れるコンビニエントな食品に切り込みます!

高城 剛の名前だけで、やばい予感しかしません。

アマゾンの読み放題で配信しているので、早速読んでみた感想です。

 

話の中心は「毒」「デトックス」です。

様々なことを「足す」ことばかりに注意するようになり、
ついには「情報デブ」になっている現代社会。

 

当然、体も同じです。

この本で紹介しているのは「クロレラ

その中でも「ヤエヤマクロレラ」がおすすめだそうです。

その「ヤエヤマクロレラ」を使った、3日間、3週間、3か月の効果的なデトックス
促進するための話になります。

かなりあやしいですね。

 

そもそも~が効くと宣伝を打つ健康食品はたくさんあります。

細かい話をすると、「薬効・効能」を宣伝するのは、薬事法違反ではないかと
疑うのですが、それを宣伝するのは「飲んでいる人」であり、会社ではないという逃げがあるのです。

 

また、クロレラ デトックスと検索すると、
2017年に書かれている、デトックスにブーム再来? 科学的根拠が後押し|ヘルスUP ...
などのサイトあり、高城 剛さんがクロレラの効能を実感したのも2017年の夏ごろなのです。

最近の記事を調べてみると、
2019年 

「デトックス」は幻想だった? 5つの手法を“科学的”に分析した結果|WIRED.jp

 

デトックスは幻想なのです」と、イェール大学医学部の臨床神経科
ティーヴン・ノヴェラは指摘する。「人間の肝臓と腎臓は、健康であれば問題なく毒素を排出します。そのための臓器なのですから」

ノヴェラによると、体に備わったデトックス機能以外には、正当と認められるデトックスは存在しないという。オンライン上のデトックス商法は「エセ科学」であり「まやかし」だというのだ。

本書に戻るが、3日間、3週間、3か月の効果的なデトックスの方法が書かれている。

クロレラを飲むだけでなく、判断食を進めている。

健康の基本、たくさん食べないで、運動するという基本的なことでありながら、
それができないから、病気になりやすい体ができるのであって、それができれば、「クロレラ」など飲まなくてもいいような気がしてくる。

個人的に健康な状態になるには、そこまでしなければできないのか、そもそも健康とはどんな状態を意味するのだろうかという疑問も出ている始末。

本書を正しく読むには、話を鵜呑みにせず、この話は本当なのだろうかと疑って読みすすめることをおすすめする。