読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉を使っているつもりで、使われている

Single Sided

人間は考えるときに言葉を論理的に使う。

しかし、論理的であろうとすると、それまで学んできた言葉の価値観に影響される。

その言葉の価値観は他人の植え付けでできたものだから、他人の価値観の論理に縛られる構造が生まれる。

だから、言葉を使っているつもりで、使われている

これに気がついているだけでも、言葉に使われることから抜け出せる。

言葉には意味があるようで、よく考えると意味がない。

なぜ意味があるのかを逆に言えば、

言葉にもともと意味がないから、さまざま意味がくっつけられて、意味が出来上がっている。

そのものを表現しているようで、実際は関係性しか表現できない

これを学びたい人は空の理論の本を読んでみてください。

 

だから、矛盾したり、人によって解釈と理解度が変わってくる。

本当に言葉を使いたいなら、使われている状態から抜け出し、使っている状態に戻してあげないと言葉を使うことはできない

 

そのためには

 一度論理的な考えを止めてみること

根拠のあることを止めてみること

 

では、何を道しるべとするべきか

エネルギーを感じることでしかない

エネルギーのある人

エネルギーのある場所

 に会うこと、行くこと

 

そして、エネルギーを感じるようになったら、

自分がエネルギーのある人のなればいい

エネルギーを感じるものは、非論理的である

理解できるってことは、現在の自分のエネルギーと同じであるということ

だから、類は友を呼ぶ

それだけでは自分は成長しない。

もし、成長したいなら、根拠のないものを選ぶこと

深く考えず、さっさと決めること。

時間をかければ、成功する根拠を探す、それは当然論理的になる。ほとんどが、成功するはずもないという結論に至り、行動しない。

すぐに決めるときは、直感で決める。

根拠を探す前に行動する。

 

もちろん根拠もないから、失敗や損をするかもしれなが、

しかし、直感を鍛えるには、非論理的であり、根拠のないことをすぐに選ぶ訓練しかない。

自分のエネルギーを超えているものは、必ず非論理的になる。

その非論理的な部分を論理的に考えることができれば、あきらかに視点が拡がり、そのエネルギーを理解したことになる。

一見矛盾したり、正反対だと思っていることが、一つの輪のようにつながる

非論理を超えて、論理性を身につけると世界の見え方が変わる。