読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は出し入れの順番が大事かもしれない

Entrance

こんにちは 日本に帰ってきたパパQです。

最近すごく大事なことだと思っていること書きます。

入れることよりも出すことの方が大事

物事は出す入れるという順番が大事ではないのか?

これはミニマリストだけじゃなくて、生きることの基本かもしれないと感じています。

ミニマリストで言うならば「出す」は捨てることです。

 「入れる」はモノを購入することでもいいし、空間ができることでもいいでしょう。

出入り口の順番が大事

 順番が大事と書いたのは、例えば「出入り口」という言葉があります。それでは、なぜ「入り出口」ではいけないのか。

理由はハッキリしませんが、出してから入れるほうがしっくりきます。

筋トレさえ出る入るの方が、ラクにできる

筋トレにこの考えを取り入れているのが呼吸法です。腹筋や腕立てをやるコツは呼吸にありますが、吸うことに意識せずとも吐くことに意識すれば、自然とたくさん吸うことになるのです。

入れることに意識を使うよりも、出すことに意識を使うのです。

何かを手に入れようとするなら、まずそれを手放して見る。すると手に入れることに意識を向けるよりも、たくさん手元に戻ってくるんです。

出すとは手元に溜め込まないことにつながる

出すということの意味は

  • 持っているものを意識できる
  • ため込まない

という特徴があります。

ため込むとそれを管理しないといけない、無くさないように意識を使います。

手に入れることにしか意識がない人は、出すこと=損をする意識が強くなります。

執着心が強い人ほど、捨てないし、手に入れることにエネルギーを使うはずです。もっているモノを失わないことにエネルギーを使うのです。

多くのことを手に入れている人ほど、出す・捨てるという意識や行動が上手いのではないでしょうか。