読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫断捨離

f:id:nownoatosaki:20160412144434j:plain

こんにちは 長い間、猫が膝の上で寝ているせいで、足がプルプル震えているパパQです。

けっして猫を断捨離するわけではありません。

 

人間は断捨離によって、モノがすっきりした、生きるのがラクになったと申しております。

私共猫は、モノ自体そもそも所有する気持ちは一切ございません。

ですので、

モノがなくったスペースに新しいものが手に入ったり、モノを捨てることによって、こころも整理整頓できてスッキリした

などのような気持ちはございません。

その代わりに、人間への恐怖心を捨てたのです。 

 

私猫は安心したときに、お腹を見せます。

でも、お腹は急所なんですよ。

わざわざ急所を見せるなんて、人間様にできますか?

 

人間様はいったい生きている間なにをやっているんでしょうね。

 

ちょっと難しい話をしますがね

生きることに悩んでいたり、苦しいと感じる人は、生きることがすばらしいと思っているからなんですよ

生きることに価値を与えているんです。

じゃ、生きることに価値はないのですか?と思われるかもしれませんが、

 

価値はないですよ

 

でも、私共猫が言っているのは、価値があるからないといっているのではなく、そもそも価値自体がないといっているのです。

 

「ない」という言葉は、

  • あるからない
  • ないからあるもないもない

どちらも「ない」ですが、意味合いが全然違います。

人間様は無理矢理にでも価値をつける癖があるんです。

価値があるとすれば、私共猫を大変可愛がることろでしょうか。

これは嫌味で言っているわけではないのですよ。

別の言葉で言うなら、慈悲という言葉でしょうか?

猫であろうとも同じ命だから、大事にしようという慈悲です。

慈悲の心があれば、人を否定することも、比べることもなくなります。

悩む必要はないことがわかってくるのです。

心は平安です。

しかし、これが頭でなく、こころで理解できるには

悟らなにゃならんのですが・・・・