読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブになりたいのであれば、感謝してみよう

書道家が書く漢字屋の漢字Tシャツ 感謝

こんにちは パパQです。

9月もそろそろ終わりに近づいてきました。

今月の更新回数はまたまた少ないです。

無理に更新しようと思えば、毎日更新することも可能なんです。

始めたころは1日に数記事アップしていた月もありました。

ネタが切れているという部分もあるかもしれませんが、これはインプットを増やせば解決する問題なんです。

書くことがないときは、インプットが足りないだけなんです。

それでも、書きたいことが出来るまで待てばいいのに書いてしまうときがあるんです

正確には、書きたいというより、書かなきゃいけないじゃないかという気持ちが湧いてきて書いてしまうときがあるんです。

なぜ、そんな気持ちになるかというと

  1. アクセス解析をチェックすると、アクセス数が伸び悩んでいる。
  2. 他人ブログのアクセス数や収益の調子がいい記事を読んでしまった。
  3. アフェリの収益がそれほど増えていない。

この3点が頭に浮かんだときは、完全にブログ中毒にハマっているなと思い、ブログを書きたい気持ちを抑えます。

完全に書く理由がやましいんです。

書いた後の気持ちが全然スッキリしないです。

前置きがながくなりましたが、今回はポジティブになるにはどうすればいいのか?

 

物事はつねにニュートラル

だまし絵やトリックアートで有名なのが、「妻と義母」です。

これって不思議ですよね。

おそらく同時に見ることができる人はいないんじゃないかと思います。

かならずどちらか一方が見えているはずです。

おばあさんが見えるか若い娘が見えるか

これを人生で例えるなら、プラス思考とマイナス思考だと考えます。

マイナス思考しながら、プラス思考はできなくて、

できるのはどちらかだと思うんです。

それなら、プラス思考の方がいいと思うんです。

さっきの絵で例えるなら、

おばあさんには悪いですが、素直に若い娘を見たいです。

アクセス数が伸び悩んでいるのも、視点の持っていきかたで、記事をそれほど書いていないのに、アクセス数が減っていないのなら、悩む必要などない。

アフェリの収益も増えていないけど、ゼロじゃない。

つまり、感謝すれば、プラス思考になるんです。

だから、

  • ブログを書けないときは、無理に書かない。
  • 書かなきゃいけないと思ったときは書かない。
  • 書かなくても、定期的に読んでくれる読者に感謝する。

こんな感じなので、今月はあと数回更新できればいいと思いますが、どうなるかわかりません。

ではでは

関連書籍

「ありがとう」のすごい秘密

「ありがとう」のすごい秘密

 
福福 ありがとう飴15個入り

福福 ありがとう飴15個入り

 
ディズニー ありがとうの神様が教えてくれたこと

ディズニー ありがとうの神様が教えてくれたこと

 
人生を変える言葉「ありがとう」

人生を変える言葉「ありがとう」