読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの人生を変えてしまう3つの重要なこと:人生のコントロールと感謝の関係性

http://www.flickr.com/photos/54301066@N00/3484193590

photo by Amber B McN

 

こんにちは パパQです。

8月に入りました。日本は猛暑ですよね。中国の大連は昼間は暑いですが、夜は涼しいです。寒いのは苦手なので、冬の時期は中国に行きたくありません。

今の私の状況は足踏み状態でして、漠然とした不安の中、おそらくこのままではよくないなと思いながらも、どこかでなんとかなるだろうと思いながら生きています。

人生を変えてしまう3つの重要なこと

20代で想像していた30代とはまったく違うということでした。

もし20代の自分に会って一言話すなら、

「こんな暮らしをしているだろうと思っている範囲を飛び越えているよ」と伝えます。

一体何が原因で大きく人生は変わっていくのでしょうか?

カッコよく書けば、人生においてのターニングポイントは?

今回はそんな記事になっております。

10年後の未来の自分

誰もが一度は20代の時に30代になったらどこで何をしているのだろうか?と考えたことがあると思います。

人生に変化をもたらす3つの提案

私の30代は20代の頃に想像していたものとはまったく違った人生を送っています。

もし、人生に変化をもたらしたいなら、3つの提案があります。

  1. 小さな変化をもたらすには、自分の生活のスタイルを変えること
  2. 大きな変化をもたらすには、周りにいる人を変えること
  3. 減らすことの不安や心配からの解放すること

この3つで人生が劇的に変わります。

では詳しく見ていきます。

小さな変化:自分の生活スタイルを変える

生活リズムを変える

新しい趣味をもつ

など

今までしていなかったことをやってみることです。

大きな変化:周りにいる人を変える

人は他人に影響されやすいので、周りにいる人を変えるだけで大きく変化します。ただし、これは大きな変化なので、もちろんリスクはあります。

たとえば、

  • 仕事をやめて、違う職場で働く
  • 恋人・友人を変える
  • 住む場所を変える

など

今までの知り合いとの関係を保ったまま増やすという事もできますが、それは中くらいの変化です。

大きな変化をもたらすには、自分がそこから離れるしかありません。

多くの時間を共有する人を変えることが最も人生に大きな影響をもたらすと感じています。

減らすことによって、人生に変化を与える

減らすということは、必ず不安や恐怖が付いてきます。お金が減る、友人が減るわけですから、不安だと思います。

また、減るということはすべてのイライラに繋がっています。

減ることへの不安や恐怖を抑えるには?

減る不安や恐怖を減らすには、自ら減ること選択したときのみです。

逆に言うと、減ることのメリットを知っている人でないと減らすことを実行できません。

減らすことのメリットとは

自ら減らすことを選んだ場合、ある一面では減ったことになりますが、別の面から見ると、実は減っているどころか、実は本当に必要なものを手に入れる準備をしているのです。

捨てるとは新しいスペースを生み出す

減るというのは、モノであればスペースが生まれ、人間関係であれば、時間が生まれます。

手に入れたものを捨てるときには、それが大事なもの、未来の人生において必要なものであるのか考える必要があります。

役割を終えたものは捨てる

モノに役割があります。その時期に必要であっても、もう必要がないモノもたくさんあります。

それらを捨てることによって、新しいスペースが生まれ人生に変化をもたらすことができます。

いかがでしたでしょうか?

減らすことへのメリットを分かって頂けましたでしょうか?

実は減らすことは、納得する人生を送るためにも大事なポイントになります。

人生において大事なこととは?

ここで質問です。

あなたは人生において大事にしなければならないものはありますか?

私はならこう答えます。

感謝すること

人生においての判断基準は自分の環境が基準になります。

下を見ればもっと貧しい人達もいるし、上を見れば、一生お金に困らない人達もいます。

素晴らしき感謝の能力

ここからは人生のコントロールと感謝の関係性について書いていきます。

感謝の能力がもっとも発揮されるときは、人生につまずいたときや上手くいかないときです。

感謝の能力がある人は、どん底の人生になったとしても、立ち直ることができます。

そういう人たちは普段から感謝の能力を鍛えているのです。

感謝の能力を上げるには?

人はなにか無くなったときに、それがありがたいことだったことに気付きます。たとえば、病気になれば、健康であることが素晴らしいと気づくはずです。

今持っているモノや人間関係に感謝できないのは、それが空気のように当然なモノだと思い込んでいるからです。

感謝の能力を上げるには、今まで当たり前と思っていることに感謝することです。

今あるものの素晴らしいさに気づいていなければ、感謝はできません。

しかし、人生がつまらないと思っている人にとって、感謝する事は簡単な事ではありません

どうすればもっと感謝することができるのでしょうか?

人生をコントロールする一歩目は?

人生をつまらなくさせる原因は様々ありますが、多くは自分の人生が思い通りにならないからです。

人生は思い通りにいかない事だらけですが、自分でコントロールできる部分はあるはずです。

変えられるのは今だけ

それが今という瞬間です。今できる範囲で自分の好きな事、ただただ夢中になる事をやって下さい。

好きなことをやる

これが人生の舵取りには大事になり、同時に感謝ができるようになります。

自分の好きな事をやっていると、こんなに楽しくて申し訳ない気持ちになってくるはずです。

そこに感謝の芽が生まれてきます。

周りの人にも感謝することが簡単にできるようになります。

感謝できない人の共通点は誰かのためにやってあげているという気持ちがあるはずです。会社のため、誰かのためにやっていると必ず不満が出ます。

自己犠牲の精神は傲慢で自己中になりやすく、悲劇のヒロインにでもなったような気持ちになり、自己陶酔していき、アリ地獄のように一度ハマると抜け出せません。

そこから抜け出すには、今できる範囲で好きなことをすることです。

これが自分の人生を意識的になりコントロールできるんだという自信に繋がります。それは自分の理想の人生を作る上で効果的な方法の一つだと思います。

まとめ

  • 人生を大きく変えるには、周りにいる人を変える
  • 人生をコントロールする事は、人生に対して、意識的になることであり、その一歩目は今好きなことをやること
  • 好きなことをやっていると、感謝の芽が生まれ、自然に感謝の能力が育つ。
  • 感謝の能力が真の力を発揮するときは、人生につまずいたときや挫けそうになったときです。

参考にして下さい。