この本があれば、追い込まれって大丈夫。

スポンサー

こんにちは パパQです。

理論武装で攻め勝ったと思うな バカタレ!

もし自分がこんな状況に追い込まれたらどうする

ならずものがやってくる

ならずものがやってくる

ならずものがやってくる

 

登場人物が全員病んでいる。

読み終わったときに、パズルのピースのように、それぞれ登場人物がゆるやかに繋がる。

万引き中毒オンナ

イベントで大失態のパブリシスト

太った元パンクロッカー

「すべては終わりつつあるけど、まだ終わりきっちゃいない」

どんな状況でもゼロではない

ぼくのともだち (白水Uブックス 184 海外小説の誘惑)

ぼくのともだち (白水Uブックス 184 海外小説の誘惑)

ぼくのともだち (白水Uブックス 184 海外小説の誘惑)

 

 孤独がぼくを押しつぶす。ともだちが欲しい。本当のともだちが!

読んでいくと、どうしてともだちができないのかわかってくる。

職ナシ、家族ナシ、恋人ナシ。都会で孤立し無為に過ごす青年の、とびきり切なくとびきり笑えるともだち探し。

ダメ男小説の金字塔。

バベットの晩餐会 (ちくま文庫)

バベットの晩餐会 (ちくま文庫)

バベットの晩餐会 (ちくま文庫)

 

仕事も失い行くあてがないパベットという女性が宝くじで一生安泰に暮らせるほどのお金を得た。そのお金をすべて晩餐会の料理に使って、客人をもてなした。

損なわれない自分をもつ。貧しくても、家族が失っても、私は損なわれない。

見習いたい「パベット力」

九年目の魔法 (創元推理文庫)

九年目の魔法 (創元推理文庫)

九年目の魔法 (創元推理文庫)

 

なにか、おかしい。壁にかかった懐かしいこの写真も、愛読していたベッドの上のこの本も、覚えてるのとは違ってる。まるで、記憶が二重になってるみたい。

ある一つの過ちから、記憶と共に失われていた青年を取り戻すお話

新訳 地下室の記録

新訳 地下室の記録

新訳 地下室の記録

 

被害妄想に囚われた。地下室ライフ。

完璧な引きこもり。

「ぼくからひとつ無用な質問を提出することにしたい。

安っぽい幸福と高められた苦悩と、どちらがいいか? 

というわけだ。さあ、どちらがいい?」

ぼくからひとつ無用な質問を提出することにしたい。

まとめ

ハウツー本や自己啓発本もいいけど、たまには一冊の小説から、一人の生涯から、一節の言葉から、多くの言葉を読み解き、感じ取り、学びたい。 

 

今日も見に来てくださってありがとうございます。このブログでは、私が感じた「なにか」を自分のことだけとは思わず、多くの人にとって大事なことだと思うことをブログにしています。このブログを読んであなたの生活に小さな変化を起こすことを願っています。

http://lifestyle.blogmura.com/