読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事な人の遺品を整理する。所有と記憶の関係について

http://www.flickr.com/photos/7729940@N06/7202249014

photo by Daniel Kulinski

こんにちは パパQです。

今回も「minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ」の中から

必ず訪れる大事な人の死。そこに残った遺品をどう整理したらいいのであろうか?

モノを整理するというには、モノに込められた記憶を整理して、自分のこころを整理することになる。

ミニマリストのジョシュアは2009年に母を亡くしている。そこに残った多くの遺品から何を感じ、どう整理していったのであろうか。

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

  • 作者: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス,吉田俊太郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

亡き母の遺品を大型倉庫に移そうと考えていた。

母の遺品は部屋の隅々までいっぱいであった。母はいつも買い物ばかりしては、物が増え続けていた。それはどれも高価な物ばかり。

最初のうちは、何一つ手放したくないと思っていた。処分はしないで、倉庫に入れればいいと考えていた。

ベッドの下から出てきた 箱

ところが、母のベッドの下に5つの箱がしまってあった。それはガムテープでしっかり止められていた。中を開けてみると子どもの頃のテストの答案用紙、図工で作った絵、ありとあらゆる紙切れがいれてあった。それは当然開けることなく、母は亡くなる。そこで僕は、母の遺品を保管しようとすることに無意味を感じた。物などなくても、母の記憶を持ち続けることができる。僕は母の思い出すために、倉庫を一杯にする必要などないことに気がついた。

 物の整理と心の整理

もし、処分したいけど、できないものが、感傷的な理由だとしたら、そろそろ手放した方いいサインかもしれない。

二つの選択肢

大きな飛躍の選択と小さく一歩ずつ全身する選択

すべてを捨ててしまうこともできる。捨てなくとも、寄付する方法もある。

もう一つは、ずっと捨てなければと思っている感傷のアイテムのうち、どれなら今日は処分できるだろうか?というふうに、少しずつそうすることで気軽にできるようになる。

記憶と所有物の関係から学んだこと

自分という存在は自分の所有物以上のもの

記憶はものにあるのではない。自分の中にある。

自分にとって感傷の対象でしかないものでも、他人とっては利用価値のあるものもある。

遺品をとっておくと、心理的、精神的に負担になる。それを手放した方が気楽になれる。

覚えておきたいものなどは、写真にとっておけばいい。

古い写真もスキャンして、パソコンに保存しておけば、いつでも見られる。

まとめ

自分の持ち物を以上に整理が難しい大事な人の遺品。

ものに思い出が詰まっていると思い、処分できずにいると、心理的、精神的に負担になる。

大事な人の記憶は、物にあるのではなく、自分の中にあるということに気がつかせてくれた。

関連記事

新しい生き方の指南書!ミニマルライフ :ミニマリストのすすめ - 賢くミニマリストになろう

今を生きる・今の瞬間を楽しむ上で大事なこと:ミニマルライフ - 賢くミニマリストになろう

ミニマリストから学んだ幸福と時間の使い方について - 賢くミニマリストになろう

 

今日も見に来てくださってありがとうございます。このブログでは、私が感じた「なにか」を自分のことだけとは思わず、多くの人にとって大事なことだと思うことをブログにしています。このブログを読んであなたの生活に小さな変化を起こすことを願っています。

クリックしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

RANDOM ENTRY