アクセスアップするには「伝わる記事を書く必要はない」客引き記事を書け

スポンサー

http://www.flickr.com/photos/86569608@N00/15743095054

photo by akrabat

ブログを書いていると、人に読んでもらえる文章や自分の伝えたいことを文章にするのは思っている以上に難しいと感じる。

アクセスアップするためにはどうすればいいのだろうか?

記事の質を高めて、伝わりやすいように分かりやすい文章を書くこと。

確かにこれは正しい。

しかし

伝わる文章=アクセスアップの文章ではないということに、気がついてもらいたい。

アクセスアップするには、「伝わる記事を書く必要はない」

解説していきます。

伝わる文章はプロでも難しい

文章をなりわいとしていない限り、書いた文章が人に読まれる経験は少ないでしょう。

ブログを書き始めた時は、適当に記事を書く。そして、反応があったり、なかったりして、次第に文章を書くことに目覚め出す。

すると、もっと読んでもらいたい、読んでもらうには。いい文章を書こう!

いい文章って分かりやすい文章で、伝わる文章だと思って書き始める。

これは草野球で活躍した選手が、プロ野球に挑むぐらい難しいこと。

プロでもその記事が伝わる文章を書くのは難しい。これは伝わるとはどういう状態であるか考えてもらうとわかる。今回は長くなるので書きません。

ならば、もう諦めた方がいいということを言いたい訳ではない。

そこで、私が提案したいのは

「伝わる文章を書く」から「アクセスを集める記事を書く」

に目標設定を変えて見てはどうでしょうか?

「えっそれでいいよ」と思う方も多いでしょう。

伝わる文章はプロでも書くことは難しいということを知らないで、ブログから人に読んでもらう文章を書き始めた人が、簡単にクリアできるレベルではないのです。

アクセスアップになる記事やブックマークされる記事というのは

  • 悩みや問題解決の記事
  • やり方、テクニック系
  • まとめ系

つまり、人が検索したくなるキーワードの記事です。

需要がある悩みや問題解決であればアクセスある程度まで上がります。ただ、伝わっているかは不明です。

悩み相談記事や問題解決記事やまとめ系の記事やテクニック系の記事は

客引きと同じ原理

で書かれています。

言葉は悪いですが、ほとんど同じです。

よって、そのブログを読むメリットがあれば、読む。ただそれだけ。善悪や人生の本質なんて書いてあるブログは少ない。それはわかりにくく、伝えづらいことだから。

低俗な週刊誌ネタの方がアクセスは多い。「1日で10万円稼ぐ方法」なんて記事があれば、見ても損はしないから、見るだけ見てみようと思うはず。

現実の問題を解決することが書いてあればいい。

世界が平和になってほしいとか、世界から貧困がなくなってほしいといった。高い理想について書かれていても読まない。読んだとしても、読者の人生に影響を与えるほどの力はないだろう。

悩みや問題解決やテクニック系は検索流入には最適と言えます。

アクセスアップをする目的で書かれた記事の役目はタイトルをクリックした時点で終わる。あとは読者がそれを読んでどうするかは自由です。そこでは、「伝わる」とかはどうでもいい。客引きがお客さんをお店に連れ込むと同じ。

伝わる文章とはアクセスが増えてきて、その次の段階で有効です。アクセスが一定になりもっとアクセスがほしいという方にも最適な方法。

文章を読んでもらって、言いたいことが伝わり、もっと読みたいと思ってくれる人です。お店でいうリピータのこと。だから、やり方や悩み系やまとめ系は他のブログと差別化が難しい。

伝わるブログを書くことができたら、あなたのブログだから見に来たというファンが増えます。あなたのオススメするものならなんでも買いますというのがアフェリサイトなどはそれをうまく利用しています。

伝わる文章はリピータを増やすために効果的な記事と言えます。

しかし、伝わる文章を書きたい人が、簡単にできるコツや方法から入るとうまくいきません。たとえば、今回の「伝わる文章を書く方法」を知って、アクセスを増やすという目標があります。

小手先のやり方を覚えても、肝心の「あなたの伝えたいこと」がないかぎり、意味がありません。

一夜漬けで勉強したことは、テストで結果が出るかもしれませんが、なんのために勉強しているのか考えなけれ無駄になります。

ブログを運営して、アクセスを上げたい、売り上げを出したいという目標の人は

伝わること意識せず、客引き記事を書くべきなのです。

それでも、もっと上の目標である「伝わる文章が書きたい」と思う勇敢な方には、もう少し深く言葉について考えてもらわなければなりません。せっかく読んでくれても、書いている人の思いがなければ、読者にこころには響きません。

それは先ほどの「伝える」ということ。

あなたはブログで何を「伝えたい」のですか?
それは誰のために書いていますか?

これらの質問に答えられない人は、伝わる文章のテクニックを学んでも、書くことはできません。

上の質問に答えられない人はブログを書く必然性はない。なんのために、何時間もかけてブログを書いているのですか?私ならさっさと止めて、もっと自分のためになることに時間を使います。

私にとってブログの記事とテーマを考える時間は私にとって貴重な大事な時間なのです。

物事を理解するには本質を理解した方が応用が聞きます。方法論やテクニックやハウツーモノは本質を隠してしまします。本質とはなにか分かりますか?

本質とは本質のことです。

これはでは伝わりませんよね。

本質とはなになにのようなもの。自分の言葉で説明できれば、理解したことになります。

長くなるのでここまでにします。

人生に意味はないのです、意味を与えるのはあなたです。

ブログも同じことです。

この続きはまた次回、楽しみにしてください。

 

今日も見に来てくださってありがとうございます。このブログでは、私が感じた「なにか」を自分のことだけとは思わず、多くの人にとって大事なことだと思うことをブログにしています。このブログを読んであなたの生活に小さな変化を起こすことを願っています。

クリックしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

RANDOM ENTRY